dbd-hans-collection101のブログ

さぁ、世界をつくろう。 人生には刺激が必要だ。 芝居人の半としていろいろ書き綴って参ります。

dbdでは感想・ご質問"大募集"!! 少しでもご興味ある方、お気軽にご連絡ください お問合せ<dbd.hanscollection@gmail.com> ツイッターも始めました。 #dbd_han どうぞよろしくお願いします!!

読む。

読む読む読む。

 

うっす。dbd半です。

今日は雪が降りました。皆さん、電車大丈夫でしたか?スリップしませんでしたか?体冷え冷えになりませんでしたか?

f:id:dbd-hans-collection101:20170209224152j:image

 

もう、これが過ぎれば春が来るんですね。

待ち遠しいような、ちょっと寂しいような^_^

 

さて、最近の半は、冒頭通り、「読む読む読む」時間を過ごしております。

 

最低、1日一回は読もうと繰り返しますが、なかなかどうして1日一回読んだくらいじゃぁ、全然自分の物にはなりません。

 

今回の作戦は、二本あるため、毎日一回読みプラスアルファできるときは今週は「よだかの星」の小返し、来週は「たくさんのお月様」こちらを中心的に練習して行く予定です。

 

でもね、半は本当に覚えが悪い!

今回は朗読劇なので、覚える必要はないのですが、私のセリフが多いぶん、ちゃんと世界を届けたいのです。なので、なるだけ私の中に取り入れたいのです。ですから、覚えるという言い方をしましたが、なかなか体に浸透しないという感じです。

 

緊張しいの私のことです。

当日は、きっと上がってしまって、どこまで出せるか分かりません。

そう思うと、足りない部分ばかりが気になります。本当はもっともっと稽古したい。

 

でも、焦っては行けません。自意識過剰は行けません。またあの白線が浮かんで来るだけです。(笑)

 

 

自虐ネタは、まぁ置いといて。

 

とりあえず、今は

読む

読む

読む

 

これしかありません。

今やるべきことはこれだけです。

 

読めば読むほど作品が好きになります。

 

よだかの星」は、ご存知宮沢賢治の作品です。通常はストーリー事について、本番前に話すのは避けるべきでしょうが、著名な作品ですのでオフレコにする必要もないでしょう。

 

私は、最初読んだとき、「よだかの星」が好きではありませんでした。

なんと言うか、辛気臭いし。めちゃくちゃいじめられてるし、何より意地でも生きる!そう言う潔さがなくて・・、ファンの方には申し訳ないのですが、どこがいいんだろう?という印象がありました。

 

言葉の美しさや文字から浮かぶ色鮮やかさ、そう行ったものの方が強烈で。

 

でもなんだろう。

昆布じゃないですが、読めば読むほど味が出る。深みが出るというか。

 

一度目や二度目では拾えなかった、心情だったり風景が少しづつ増えていきました。

 

すると、ただ単に生死の結末ではなくて、それとは関係ないよだかだけが持ってる強さみたいなのを、描きたかったのかも知れない。そう思えるようになってきました。

 

ただ、やっぱり半には少し悲しすぎるお話です。

 

宮沢賢治ファンの方には私以上に思うところや、考えるところがあるでしょう。

*ファンの方には申し訳ないのですが、時間の都合上、原作から少しカットしたものを、朗読します。思ってらっしゃるメージとは異なるかも知れません。

 

 だからこそ、咀嚼して、繰り返し咀嚼して繰り返し咀嚼して、繰り返すしかありません。

 

特に最後のセリフ。

とても印象深い。

これをどういうかで印象が変わります。

 

今もそのセリフについて、考えています。

本番まで納得できるまで考えたいと思っています。

 

作品を作るって難しい。(><)

でも、思い込みでは気づかなかった良さにも気づけるって言うのも、良いですよね。

作品作りの醍醐味の一つです。

   

  

さて、最初にも言いましたが今日は雪でした。

地面に積もり氷になった雪も、きっと明日には溶けてしまうでしょう。

帰り道、雪が落ちてくる様に、なんとなく見惚れてしまいました。

 

 

いつか、これにインスパイアされる作品も作って見たいです^_^